プログラミング思考が学べる アンプラグドな知育玩具3選

 この記事では、私の教室で実際に使ってみて、生徒の反応がよかった知育玩具を3つご紹介いたします。

スポンサーリンク

グラビティメイズ

 ビー玉がゴールするための道を作る立体パズルです。

 問題カードが60枚あり、緑→青→黄色→赤の順に難しくなります。

 私の教室では一番人気のおもちゃです。

 空間認識と論理思考を鍛えることができます。

育脳タワー

 市販の積み木系おもちゃの中でも出色の出来栄えであると思います。

 テキストのヒントに従って、右上に写っているタワーに積み木のパーツを入れていきます。

 このテキストの通りに、最初から順番に解いてゆくことで、それぞれのパーツについての理解が深まります。

 空間認識を鍛えたい人におすすめいたします。

コード・マスター

 アバター(人形)を動かし、マップ上のクリスタルをすべて集めながらゴールします。

 論理思考だけでなく、ループの概念が学べます。

 レベルが上がると難易度がとても高く、大人でも相当試行錯誤しながら問題を解くことになります。根気も求められますので、自信のある人向けです。

番外編 コード・アンド・ゴー

 

  ロボットのマウスに進行方向をインプットして、スタートからゴールまで移動させて遊びます。

 一見幼児向けのように見えますが、小学生以上で遊ぶのが無難です。

 マップを作り

 カードを並べて

 ロボットのマウスにコートをインプット

 スタートボタンを押してGO!

 実際に使っている様子がこちらです。

遊んでいるのは、4年生の生徒です。

まとめ

 3選と言いつつ、4つ紹介してしまいました。

「育脳タワー」以外は、取説が英語なので、大人が読んで説明してあげる必要があります。

[affi id=3]
教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事