DSC_0002

 いつもの川原では、モンシロチョウモンキチョウ、各種シジミチョウがたくさんいるのですが、今日は珍しいチョウが捕まりました。

 ツマグロヒョウモンのオスです。

 ツマグロヒョウモンはとても面白いチョウです。

 下は、ツマグロヒョウモンのオスとメスの写真です。

ツマグロヒョウモン オス
ツマグロヒョウモン メス

 wikipediaから拝借しました。

 そして、こちらはカバマダラのメスです。

 カバマダラ毒チョウです。

 幼虫のときにトウワタという有毒な花を食べて体の中に毒をためこみます。

 だから、天敵である鳥は、カバマダラは食べないようにしています。

 ツマグロヒョウモンのメスは、カバマダラに雰囲気がよく似ています。

 ツマグロヒョウモンは無毒なので、羽の模様を毒チョウのカバマダラに似せることで鳥に食べられないよう工夫しています。

 無毒な生き物が、有毒な生き物に姿を似せることを「ベイツ擬態」といいます。

 ただし、日本でカバマダラをよく見かけるのは主に沖縄地方です。

 九州や本州でも見かけることがあるようですが、個体数はそれほど多ありません。

 なぜなら、幼虫の餌であるトウワタは熱帯アメリカ原産の花だから、九州や本州では自生しにくいからです。だから、カバマダラは九州以北では、あまり目にすることはありません。

 カバマダラがほとんどいない本土で、カバマダラに姿を似せる意味があるのかと言われたらよく分かりません。

 ただ、ツマグロヒョウモンカバマダラの生息域が重なっている地方もあるので、まったく無意味ではないのでしょう。

昆虫に詳しくない私にとっては、謎が深まるばかりです。

おすすめの記事