バランスボールが好きな子はバランスボールに座ろう

文京教室ではバランスボールをいくつか常備しています。

ふつうは、体幹を鍛えたり、ダイエットに利用したりしますが、教室では椅子のかわりにバランスボールを使うことがあります。

特に落ち着きのない子に効き目があります。

座ったあとで聞いてみますと

「ふつうの椅子より集中できた」

「おもしろかった」

「またバランスボールに座って勉強したい」

のような感想でした。

普通の子供でも、バランスボールに座って勉強するのを楽しむことがあります。

結局は、本人の好みです。

普通の椅子に座って勉強するか、バランスボールに座って勉強するかは、それぞれ自由に選んでもらって構わないことになっています。

ただし、教室では2つだけ注意して利用しています。

①そろばんをするときは普通の椅子に座る。(首や肩が痛くなるため)

②25分などで時間を区切り、普通の椅子と交互に座る。

勉強のスタイルというのを固定的に考えず、楽しめるところは楽しみながら学んでほしいと思います。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事