【嫁ブログ】親切なアドバイス〔026〕

 

放っておいてもどんどん流れてきたり、配られたりする「情報」はいいんです。

国や県や市の方からやってくる「お知らせ」は行政側が求める方向へ国民、県民、市民を円滑に導きたい意図があるときにテレビやチラシでお知らせされます。

 

「三密を避けるよう促す」のテレビコマーシャルや「ゲーム条例」のチラシはご記憶に新しいかと思われます。

 

そうじゃない情報も結構重要な場合があります。

むしろ・・・

私はたまたま親切な人に教えてもらった情報で助かったことが何回かあります。

その中の一つを、このブログを通じて何人かの方々にお伝えできるかもしれないと思って書いています。

まずは、実際のエピソードからお話いたします。

スポンサーリンク

 発達外来

娘は一歳半検診で引っかかりました。

そしてひまわりセンターで受けられる療育サービスを通じて臨床心理士のM先生にずっと悩み相談を聞いてもらい、アドバイスを受けてきました。

このM先生とは、もりもとこどもクリニックの発達外来でも定期的にお世話になり、沢山励ましとアドバイスをいただきました。

こちらの発達外来にはたくさんの素晴らしい先生がいらっしゃって、先日はS先生に

「田中ビネー知能検査V」

をしていただきました。知能指数○○と数値結果だけが伝えられるのではなく、詳しく検査項目ごとに詳細を教えて頂き本当に感謝しています。

実は、こんなにいい場所にも拘わらず私が車を運転できないため、こちらの発達外来には月に一度通うのが精一杯でした。

その月に一度の療育が娘は大好きで本当はもっと通いたがっていたのがかわいそうでした。

療育手帳

娘が4歳のある日、いつも遊び相手を担当してくれるA先生からこう話しかけられました。

A先生「お母さん、ちょっとお伺いしてもいいですか。」

私「はい、なんでしょう。」

A先生「Sちゃんは『特別児童扶養手当』をもらっていますか。」

私「なんですか、それ。」

A先生「ではもう一つ、『障害児福祉手当』はもらっていますか。」

私「???」

A先生「私の息子も発達障害でずっと〇Bだったんです。だから今のSちゃんとよく似ているんです。だからそれだったらSちゃんは対象になると思って。」

私「・・・」

A先生「詳しいことは市役所に行って聞いてみたらいいですよ。」

私「A先生のお子さんは今は?」

A先生「うちの子はもう高校生だから。」

私「すみません、えーっと『特別児童扶養手当』?と『障害児福祉手当』?でしたっけ。」

A先生「そうそう、親に支給される手当で使い道は自由なの。うちは上の子の塾代の足しにしてましたよ。」

私「いえ、全然知りませんでした。特に誰かに聞いたこともないし、逆にビックリです。」

A先生「市役所側からは勧めてはいけないことになっているらしいの。」

私「なんでですか。」

A先生「なんかねぇ、お父さん、お母さんの中には『障害』って言葉が受け入れなれない人も多いらしいのよ。だから、市の職員の人が勧めると結構本気で怒る人か多いんだって。『うちの子は発達障害なんかじゃないっ!』というわけ。」

私「そうですよね。うちはあんまりにも黒なんで、諦めがつくのも早かったけど、グレーだとだんだん成長と共に普通になるんじゃないかって思いたいですよね。」

「私の両親もそのうち普通になるってずっと言い張ってましたから。」

「知らなかった~、ありがとうございます。うちの子は普通の食事ができないから、我が家のエンゲル係数はめちゃくちゃ高いんです。直ぐに市役所行ってきます。」

療育手帳で受けられるサービス一覧

香川県障害福祉相談所

ご参考に「香川県障害福祉相談所」のホームページ掲載の「療育手帳で受けられる援助等の一覧」を載せておきます。

「療育手帳」について詳しくお知りになりたい方はこちらのホームページのタグの中に「療育手帳」という項目があります。

ひまわりセンターや市役所の児童課、もしくは福祉課でも詳しいことを教えてもらえるのではないかと思います。

 その他の手続きや届け

うちは結果的に手当てを支給してもらえるようになり、その後2年ごとに香川県総合リハビリテーションセンターで「田中ビネー知能検査」を受け、もりもとこどもクリニックで診断書を書いてもらい提出するということを繰り返しています。手続きは大変ですが、暮らしは確かに支えてもらえます。

・児童手当等「現況届」丸亀市こども未来部子育て支援課・・・毎年届け出
・障害福祉サービス受給者証等の更新/丸亀市健康福祉部福祉課・・・毎年届け出
 〈丸亀市障害福利サービス等について〉
・療育手帳の再判定/香川県障害福祉相談所・・・2年ごと
・特別障碍者、障害児福祉手当、福祉手当(経過措置分)受給者の再認定/丸亀市健康福祉部福祉課・・・2年ごと
・特別児童扶養手当受給者の再認定/香川県健康福祉部障害福祉課(特別児童扶養手当担当)・・・2年ごと

なんだかとっても忙しいスケジュールです。

一般的に子供は受けなければならない予防接種がたくさんありますし、保育所、幼稚園、小学校等からお手紙が手裏剣のようにスパスパ届けられます。

アールズのようなアホみたいにたくさん手紙を放り込んでくる塾もあったりします。

無茶苦茶大変です。

 

今日のブログは更なる忙しさにお母さんを追い詰めるために書いたわけではありません。

もし、今日のこの記事の内容に当てはまりそうなお子さんをお持ちで、まだこのことをお知りになっていない方がいらっしゃったらば、ということです。

お役に立てば幸いです。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事