捨てました

おはようございます。

アールズスタッフのRです。

生活の中で普通に発せられる言葉は、

初めは感じとれても、

段々聞いているうちに無意識の壺(笑)に落ち込んで感じなくなっていたりしませんか?

壁に貼ったポスターなどが初めは目新しくて注意して観ていても、

やがて、風景になって無意識になり、何年も意味もなく貼ったまま、

というのも似た感じです(←我が家 (笑))。

私は20年位前に捨てた言葉があります。

方言ですが、

はよしぃ!

です。

標準語では多分「早くしなさい!」ですね。

何かで知りました。

子供は精一杯やっている。

早くしないといけない事も分かっている。

でも、出来ない事が多い、と。

はよしぃ!

も、初めは効き目(?)があるのかもしれません。

しかし、言われ続けていると効果は失せます。

彼らは色々な局面で急がされています。

わかっているのです。

そうか!だったらもう言わない様にしよーっ

と思って捨てました。

私は、まぁまぁ楽になりました(R調べ)(笑)。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事