断捨離をしたら頭がすっきりした話

 

 

皆さまよい夏休みをお過ごしでしょうか。

 

今日は表題の通り、たいしたお話ではありません。

 

しかし、どうしてもお伝えしたかったのでこの記事を書いております。

 

 

整理整頓するのではなく「捨てる」

本屋さんへ行くと、整理整頓や断捨離に関する本が結構ならんでおります。

 

私はそっち系の本は、タイトルや目次だけ見るのがもっぱらで、実際に買うことはありません。

 

なぜなら、私は整理整頓がとても苦手だからです。

 

したがって、整理整頓や断捨離に関する本を買って読んでも、

 

読んだだけの知識になるだろうし、

 

実行したとしても三日坊主で終わることは、火を見るよりも明らかです。

 

 

そんな私が、妻の要請を得て断捨離を実践するようになって、はや1年が過ぎようとしています。

 

 

断捨離を行うときは難しいことは考えません。

 

「とにかく捨てる」

 

これに尽きます。

 

 

なんでもかんでも捨ててしまうのです。

 

「今」使っていないものは捨てます。

 

本が捨てられないを克服

 

私は本が好きなので、本を捨てることがなかなかできませんでした。

 

若い頃に読んだ本の中に、渡部昇一さんの『知的生活の方法』という本があって、その中で蔵書を売り払った学者を痛烈に批判している文があり、そのことが私の中にずっと残っていました。

 

しかし、よくよく考えれば私は学者でもなんでもありません。

また読みたくなったらもう一度買えばよい。

絶版になっているのであれば、あきらめればよい。

 

 

そう自分に言い聞かせて、本をどんどん処分するようになりました。

 

ある時は古本屋に持って行き、

ある時は知り合いにあげる。

 

そうすると、少なくともその本は、誰かの手にわたり読まれることになります。

私の本棚で眠っているよりも、役に立っているので、こちらの方がずっとよいことが分かりました。

 

そして、本を処分すると、家が広くなりました。

 

本という存在が、いかに生活スペースを占領していたかを実感しています。

 

 

見えてきた真理 その1

もちろん、本だけでなく、食器、家具、衣服・・・・・・とあらゆるものを処分していきました。

 

やってみると分かるのですが、断捨離を始めると

捨てても 捨てても まだ捨てる物があります。

 

今までたくさんの物に埋もれて、見えていなかった物が見えてきます。

 

「よく考えたら、これも捨てれるじゃないか」

 

という物が次から次へと出てきます。

 

 

そして、それまでに気がつかなかったいくつかの真理にたどり着きます。

その一つがこれです。

「買うのは簡単、捨てるのは大変」

 

捨てるのにお金がかかるものが結構あります。

(パソコン、家電、粗大ゴミ等)

 

クリントピアに何度も何度も車でゴミを運ぶこともしました。

 

捨てるのが大変なことが分かるので、買い物をするときに慎重になりました。

 

「これは本当に必要か」

 

と一旦立ち止まって考えるようになりました。

 

同時に、今までしていた無駄遣いを自覚するようになりました。

 

そりゃお金もたまりません。

 

 

 

見えてきた真理 その2

 

そして、断捨離をするようになって見えてきたもう1つの真理は

「頭がとても楽になる」

です。

 

断捨離効果は、開運や金運上昇などいろいろ言われますが、個人的にはこれが一番のメリットだと思っています。

 

視界に入る多くの物が、思考の妨げになっていたことを実感します。

 

 

壁や冷蔵庫にペタペタ貼り付けていたメモもはがしました。

 

 

頭の中がクリアになり、毎日気分よく生活することができます。

 

 

教室の断捨離はまだまだ途中なのですが、すっきりとした空間にして、生徒達が集中して学べる空間に仕上げていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

さくらぷりんと
おすすめの記事