【嫁ブログ】ちょっとやばい悩み〔011〕

フグ大好き

昨日も四国水族館へ行ってきました。

連休だけあって普段の日曜日以上の人出でした。

入場は時間で区切って整理券が配られていました。

私たち親子は

12301300に検温所の前を通ってください。」

22番の整理券を渡してもらいました。時計を見るとまだ1146くらいで

「え~と・・・」

としばし固まりました。

一旦、水族館前で私と娘を下ろして家に帰ってしまった夫を慌てて

「ごめんん、戻ってきて!」

と呼び戻し、暴れる娘を抱え込んで車に乗せて、

「え~っと・・・」

とまた固まりました。

結局、1時間時間を潰している間に、娘が来ていた服の上下にアイスココアをこぼしてしまい、びちょびちょになりました。

一旦家に戻ってお着替えをさせて、水族館に着いたらちょうどいい時間になっていました。

下は娘が撮った写真です。

このお魚は、誰さんでしょうか。

見た目からは図鑑の中のこの辺かなぁと思うのですが自信がありません。

皮膚に毒があるんですね。

夏の冷凍庫

突然話は変わりますが、

夏の冷凍庫は入りきらなくて困りませんか。

もともと大きい冷蔵庫でも、小さい冷蔵庫でも関係なく夏になったら入りきらなくなりませんか。

 お恥ずかしいですが、下は今朝の我が家の冷凍庫の中です。

学校が休みになると朝からディサービスに通う娘はお弁当を持っていきます。

お弁当の定番のおにぎり、卵焼き、ウインナー、市販の冷凍食品、フルーツは当然一切食べません。

ごはん(白米)は年に何度かは食べますが、冷えると食べないのでおにぎりは食べません。

 そういうわけで、魚のフライ唐揚げを作り置きしています。

たまに通う魚屋さんで

「買ってすぐに衣をつけて冷凍するとわりとおいしいフライになる」

と教えてもらってからそのやり方を続けています。

・サケのフライ、唐揚げ  

・アナゴのフライ

・鰆のフライ、唐揚げ

・キスのフライ

・とんかつ

・鳥の唐揚げ

などが今入っています。

感覚過敏からくる偏食

せっかく作っても食べてもらえるかどうかは2分の1の確率です。

突然飽きたり、

買ってきた魚の鮮度がイマイチで美味しくなかったり、

味付けがちょっと濃すぎたり、薄すぎたりすると食べてはもらえません。

 今は鶏の唐揚げで壁にぶつかっています。

自閉症特有の感覚過敏の為、においや舌ざわりにものすごくこだわります。

幼児の頃は一口サイズのささみフライしか食べてくれませんでした。

その後、小指半分くらいのサイズのささみの唐揚げなら食べてもらえるようになり、

今はHottoMottoの唐揚げモスバーガーのナゲットしか食べてくれません。

ちなみに、

店の唐揚げやナゲットは、衣だけを食べます。お肉は綺麗に残します。

サケもアナゴもさわらも豚肉もフライの衣のみ食べて身は残します。

キスと鯛だけ生きがよければ食べてくれることもあります。

学校がある場合は当然給食になりますが、給食はパン以外はほぼ食べられないのでいつも夕方帰ってきてからこのフライや唐揚げの衣を沢山食べます。

衣だけではなかなかお腹いっぱいにならないので、作っても作ってもすぐに足りなくなります。

話を元に戻しますが、私の手作りの唐揚げはお口に合わないらしく、においをかいで皿ごと突き返してきます。

ここ数日、連続唐揚げを試行錯誤中ですが出口が見えません。

ネットでよくある『お店の味を家でも』というレシピはだいたい試しましたが今のところ全滅です。

誰か助けて~

 

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事