【嫁ブログ】また泣いている〔033〕

今日はこれで、3本目のブログ原稿です。

昨日は8月9日の日曜日。

満濃池森林公園と津島神社の横の公園に行ってきました。

上の画像はそのとき撮った満濃池です。

その疲労もあってちょっとしんどいです。

春から初夏にかけて、うちの娘がちょうちょに嵌ってちょうちょ狩りに出かけていたことは、以前のブログでお話
させて頂きました。

あれから季節は移り替わり、梅雨も明けて蝉がガンガン鳴いております。

こうなると我慢が効かなくなる娘は、毎日毎日シクシク;つД`)、めそめそ (:_;)、

ちょうちょ会いたさにわんわん泣き続けるようになりました。

しかし、暑いです。

公園に虫を捕りに行くのに付き合うのは、けっこうな勇気がいります。

私は、この勇気を振り絞るのに5日かかりました。

5日目の朝、8月6日の朝、とうとう決断いたしました。

暑いです。

お弁当を作るのをやめ、デイサービスに電話をかけました。

「すみません。娘のガス抜きで今日はお休みさせて頂きます。急で申し訳ありません。」

電話をしてしまいました。

これで引くに引けなくなりました。

暑いです。

まだ娘は寝ています。

今のうちに考えをまとめなければいけません。

暑いです。

塾長は時間が来たら仕事に行ってしまいます。

となると車に乗れない私一人で連れていける場所に限られてきます。

「しかたない、いつもの近所の公園に行くか。」

「あそこは日影がほとんどないから、保冷グッズと冷たい飲み物をしっかりと準備していかないと。」

「前回行ったときはSちゃん、虫に刺されたから虫よけスプレーと塗り薬も持って行かないと。」

「あと、虫カゴ二つに虫取り網2本に・・・」

なんだかんだの末、どんどん大荷物になっていきました。

「これ、私一人で持つのかぁ・・・」

暑いです。

荷物を見ているとさらに暑さが増してゆきます。

これは気合しかありません。

揺れる心を無にして心を静め、ぐっと気合で決心を固めます。

固まりました。

そうこうしているうちに娘が起きてきました。

「ちょうちょさん。」

寝起きの第一声です。

では、行ってきます。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事