塾長はこわくない!

おはようございます。

アールズのスタッフのRです。今後、時々登場いたしますので

よろしくお願いいたします。

  

 

通塾されている生徒さん、塾長がよぉ言よる、

 「お、何や!」

 「●●さん、なんしょん?」

 「お前、これどーいうこっちゃ!?」

 等々、ないとは思いますけど、本気でビビッとらんですか?

 

あれは、塾長の愛のカタチです。

 わかりづらいかもしれませんが、百パー「愛」なのです。

 気持ちの悪い感じの「愛」ではなく、伸びる芽を摘まない様に

 ぐんぐん伸ばしたい!という熱い「愛」なのです。

 声も大きいし、目力も強めなので誤解されている方も

 もーしかしたらおられるかもしれん、と思ったので書きました。

  

決死(!?)の覚悟で塾長に質問に行ったとき、

 「おー、なんや!どしたんや!?」

 と言われて腰が引けたことはないですか?

 実は、私も最初は引けましたん(笑)。

怒っとんやろか?と。

 

でも、あれは、塾長の「聞きたい」「知りたい」の気持ちが

 あの様な表現になっているのだと分かってきました。

 この辺の言葉で言うと「ひとーっつもおこっとらん」 (→少しも怒っていない)のです。

 ですから、皆さん、聞きたい事、知りたい事、迷っている事、

 

どうぞ塾長に相談してください。

 

塾長に質問していいか、迷っている時は、近くに居る他の先生に

 

ちょっと聞いてみて下さい。

 

不安な事は少しずつでも取り除いて楽に歩ける様にしましょう。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事