【算数教え方】25×4を使った計算の工夫を攻略

「工夫して計算しなさい」という問題があります。

例題
25×3.6×0.4=

5年生で、少数×少数を習いたてのような生徒だと、例題のような問題を見ただけで

「おえ~めんどくさい」

と言う反応になります。

しかし、そういう生徒でも、見た瞬間に36と答えが分かるようになるためにどうすればよいか。

私が実際に生徒に指導している、ちょっとした工夫をご紹介します。

まず、25×4のいろんなパターンを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒はたいてい

(やめてくれ……)

みたいな反応をします。

そして次に答えのところに全部100を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでペンを赤色に持ち替えて、

「小数の桁にはお皿、0には丸をつけて」

「小数の桁数は少なくする、0なら増やす」

と言いながら、答えを作ります。

下の写真のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じものをコピーしておいて、目の前で練習させたり、宿題にすれば十分です。

このような問題でも

0.4×84×2500=

答えがすぐに分かるようになります。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事