手作り

おはようございます。

スタッフのRです。

弊社のホームページには、

「手作り」とか

「オリジナルのプリント」という文言が書いてあります。

それをご覧になって、どの様なイメージを抱いていますか?

昭和の時代の「わら半紙」に、手書きで問題が書いてあって

時々、「センセ~、これ、読めん。」とか質問される場面を想像されていますか?←これはさすがに想像されてませんか(笑)。

まず、紙は全て「コピー用紙」です。

生徒さんが使用するのにストレスの無い紙を使用しています。

また、「手作り」「オリジナル」ですが、手書きではありません。

どなたにでも読みやすく、電子媒体で作っています。

場合によったら、少数の生徒さんのためだけに作成もします。

その教材は全ての生徒さんに適合する教材ばかりではありません。

必要だと分かれば、別の教材をすぐに作ります。

しかし、塾での指導中は電子媒体のみではありません。

ここは大阪の「●本新喜劇か?」の様な時もあります。

そういう場面は、大抵が大人の発した言葉ではなく、

生徒さんのピュアな言葉から展開します。

塾は、ライブか?!

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事