四字熟語のすすめ

私の教室では、高学年用の国語教材として『四字熟語集』があります。

15年前くらいに作った教材ですが、特に改良する必要もなく今日まで使っています。

1ページ目がこんな感じです。

⑦暗誦四字熟語集 その1 3

 小学生にとっては、けっこう難しい漢字がバンバン並んでいます。

 

これを見せたときの生徒の反応がおもしろくて、

たいていは、

「え?ムリムリムリムリムリ……」

のような反応をします。

ところが、実際にコツをつかみ始めるとそうでもなくなってきます。

逆に、楽しそうに四字熟語を勉強するようになります。

その秘密を公開します。

 

スポンサーリンク

勉強しやすい

この教材は、とてもよく考えている、というよりは

当たり前を積み重ねたらこうなった

という仕組みになっています。

四字熟語を勉強する順序
①すらすら読む

②意味を覚える

③意味を見て、四字熟語を言う

④書き取りテスト

書き取りテストでは、一度正解した漢字は、2回目以降は「見ながら書ける」仕組みになっています。

生徒は、間違えた漢字だけを集中して覚えることができます。

私の教室での実例をご覧ください。

一番下が1回目のテストで、一段ずつ2回目、3回目と解答欄が上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう仕組みになっているので、難しい漢字があっても、意外と短時間で合格することができます。

慣れてくると、生徒はこの教材の勉強のしやすさに気づき、他の国語教材を差し置いて、この四字熟語ばかりをやるようになります。

それはそれでちょっと困るのですが……

「Aさん、次は何をするの?」

「四字熟語やります!」

「え……国語の鍛錬はやらないの?」

「四字熟語やります!」

「お、おぅ……」

 のようなやり取りがリアルで起こります。(やれやれ)

 

 

覚え方を身に付ける

この教材の目的は、四字熟語を覚えるのはもちろんですが、主たる目的は他にあります。

その目的とは、漢字や英単語などの単純記憶について、「効率の良いやり方を身に付ける」ことにあります。

何度も繰り返して身に付けることで、効率的な覚え方が頭で考えなくても実行できるようになります。

それだけでなく、繰り返して身に付けた技術なので、自分に合ったやり方にアレンジすることも可能になります。

つまり、テスト勉強で差がつくのです。

学年が上がるにつれて、暗記すべきことはどんどん増えますので、小学生のうちにこうした訓練を積んでおきたいものです。

  

習っていない漢字を覚える

これはあくまで私の経験則なのですが、習っていない漢字をたくさん書けたり読めたりするようになると、生徒の自尊心が高まる効果があるようです。

自尊心の向上は、他の学習のやる気にもつながりますので、この効果は軽視できません。

この教材を見たときに、

「なんだ、学校の勉強と直接関係ないじゃないか」

と思わずに、地道な貯金をする気持ちで取り組んでみてください。

 

さくらぷりんとの方にも、『四字熟語』の教材をアップロードしています。

勉強のやり方も説明しています。

 

 

 

 

 

 

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事