【嫁ブログ】○○を見やすく分かりやすく〔084〕

昨夜は眠れませんでした。

○○をするための良い方法が見つからず、ずっと悩んでいたのですが、

とうとう、気になって気になって夜も眠れなくなってしまいました。

眠れぬまま明け方を迎え、ちょっとだけ"ぼんやりとした方法"を思いつきました。

その方法がイケるかどうかを今から手探りでやってみます。

 

まず、これまでに分かっていることを箇条書きにまとめておきます。

〈これに、納得がいかなかったわけです。〉

① ○○のホームページに訪問する

② ホームページ内の某説明のページを開く

③ 郵便局に用紙を取りに行く

④ 某説明通りに書いてみる

⑤ 平日の営業時間に郵便局へ行く

⑥ 手続きをする

⑦ 届くのを待つ

 

これのどこに納得がいかなかったかというと、頑張ればできそうな気もするけど、

「なんかすっごく緊張する」という「緊張する」部分が納得いかなかったのです。

〈では、ぼんやりとした方法を実行に移します〉

① 救う会 全国協議会 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会のホームページに訪問します

 

 

② ブルーリボンバッジ 支援金の申し込みのページに移動します

このページは開くとこのような画面になっています。

 

そして、「ブルーリボンバッジおよび支援金の申し込みができます。」と手順が記されています。

だがしかし、見づらいような、読みづらいような感じがしました。

そんなことを思うのは私だけかもしれません。

ですが、なんとかしたいと思いました。

 

③ 説明通りに書いてみる → 読みづらい説明を見やすくしてみます。

郵便局にて「払込取扱票」を手に取ります。

 

郵便振替口座番号・・・「00100-4-14701」

加入者名・・・・・・・「救う会」

通信欄に記入すること

☆バッジをご希望の場合

「ピンバッジ 〇個」、または「蝶結び 〇個」と記入します。
 ※バッジは1個500円です。2個以上からお求め頂けます。
 (送料は定形外郵便料金の120円です。11個以上は無料です。)

☆支援金をご希望の場合

「救う会へ 〇円」、「家族会へ 〇円」、「ラジオへ 〇円」と記入します。

 複数への支援も、バッジと併せてご利用できます。
ご依頼人欄に、送付先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(携帯も可)を必ずお書きください。

 

郵便振替通知が救う会に届き次第、バッジの小口申込は定形外郵便で、大口申込は宅配便で発送されますが、地域により到着日数が異なります。土日をはさむこともあり、1週間程度で届くものとご理解ください。

 郵便受け・表札に掲示している名前と同じ名前でないと届けることができませんので、同一の名前・団体名で申込んでください。

 銀行口座によるお振込みは救う会のホームページでご確認ください。

 

上手にできるか自信がありません。

街頭での募金集めによる寄付はとっても気兼ねが無くてする側としては楽なのですが、

こういう振込式の寄付は緊張します。

(手慣れている人もいるのだろうか・・・)

せっかくなので届いたらブログにてまたご報告させて頂きます。

そうそう、先日「北朝鮮に拉致された日本人を救出する」活動を初期のころからやってきたという方のYouTubeチャンネルを見ました。

(近頃よくYouTubeを見られるようになったのは去年と違って娘がひらがなとカタカナを読めるようになってきたからです。特にカタカナは得意です。そうして自分で図鑑を読んでくれる時間が増えてきたので、その分私にも時間がもらえるようになってきました。)

 

では、一応ご紹介させて頂きますのでお暇な方はどうぞ。

【久野潤チャンネル 本当は想定できた拉致問題】リンクはこちら

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事