【嫁ブログ】第2回 重曹の復習 前編(セスキ編)〔087〕

8月22日に「重曹の復習(047)」という記事を載せました。

皆さま、大変お待たせしました。

第2回 重曹の復習 セスキ編です。

スポンサーリンク

いきさつ

初めての方もいらっしゃると思いますので、前回のおさらいで経緯を簡単にご説明します。

 

ある日"塾長ブログ"を開いたら、塾長の新着記事が上がっていました。

タイトルは「【1日で終わる】ネットで完結できる簡単自由研究(小学校高学年対象)」となっています。

この手順をまんま「汚れが落ちるかどうか問題」に当てはめてやってみることにしました。

手順

①テーマを決める → 「重曹と汚れの科学」

②サイト(書籍)選び → 【セスキ・重曹・オキシウオッシュで家まるごとピカピカ!】TJ MOOK宝島社

③レポート作成 → ②を「抜き出して・つなげる」あるいは「抜き出して・少し変える」

④図表をまとめる

⑤仕上げ まとめと感想

という手順を追っていきます。

 

②サイト(Or 書籍) 選び

では始めます。

②サイト(Or 書籍) 選び

まずは、書籍の項目を整理してみます。

セスキ炭酸ソーダ 基本の「キ」

  • セスキ炭酸ソーダの得意な汚れ
  • セスキ炭酸ソーダの基本の使い方

重曹 基本の「キ」

  • 重曹の得意な汚れ
  • 重曹の基本の使い方

オキシウオッシュ 基本の「キ」

  • オキシウオッシュの得意な汚れ
  • オキシウオッシュの基本の使い方

セスキ・重曹・オキシウオッシュを使った場所別掃除

  • キッチン
  • 洗濯物
  • 洗濯機まわり/洗面所
  • 浴室
  • トイレ

 

③レポート作成

セスキ炭酸ソーダ 基本の「キ」

セスキ炭酸ソーダの得意な汚れ

セスキ炭酸ソーダの得意な汚れ
  • 皮脂汚れ(スイッチ、ドアノブ、フローリング、壁の黒ずみ)
  • 衣類のシミ・襟・袖口の汚れ
  • 油汚れ(換気扇、キッチン、ガスレンジ)
  • 血液汚れなどのたんぱく質汚れ(衣類についた血液、牛乳、粉ミルクなどの食べこぼし)
  • 湯アカ(バスタブなど浴室全体)
  • その他の汚れ(石鹸カス)
  • その他の汚れ(酸性汚れ(生ごみなど)の匂い)
  • その他の汚れ(ステンレスのくもりとり)
  • その他の汚れ(プラスチック製品のベタつき)
  • その他の汚れ(浴槽の汚れ防止)
  • その他の汚れ(タバコのヤニ)

 セスキ炭酸ソーダの基本の使い方

1水に溶かし「スプレー」にして使う

①水500mlに小さじ1(約5g)の割合で炭酸ソーダを溶かし、セスキ水にする。

 ※しつこい油汚れなどを落とす時は、小さじ2~3の割合にする。

②「セスキ水」をスプレー容器に入れて「セスキスプレー」が完成。

セスキスプレー後は、水拭きします

キッチン・浴室・衣類・家具(リモコン、スイッチ)
汚れの程度によって5分から10分おいて水拭きして使用します。
細かいものは綿棒を使います。

2粉末のまま使う

衣類を洗濯機で漬けおき洗い

※絹、ウール、ポリエステルなどの合成繊維は漬けおきに適していません。

参考サイト【ベルメゾンネット 暮らしのコラム】リンクはこちら

頑固汚れは60度のお湯にセスキ粉末を入れて漬けおき洗い

☆1日程度たった血液
 はじめに血液を水洗い → 水2ℓにセスキ粉末小さじ1を入れる → 3時間から一晩漬けおき
 → その後、通常通りの洗濯をする。※これで落ちないものは「オキシウオッシュ」で。

 

衣類を洗濯機で普段洗い

水30ℓにセスキ粉末約大さじ2。
すすぎは1回の設定でOK。
セスキだけでごわつきが気になる場合はクエン酸を約小さじ1足すと
中和されてふわふわに仕上がります。
(しつこい汚れには通常通りの洗剤で洗濯を。)

わかるようなわからないような。

読んではみたけどちょいと難しい。

ん???

そもそもセスキってなんだ?

 ではここで石鹸会社の石鹸サイトをご紹介します。

【石鹸百科 石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト】リンクはこちら

そのサイト内の「セスキ」に関するページがこちらです

【あなたにぴったりなのはどのセスキ】

わたしは決してこの会社の回し者ではありませんが、

このサイト内を見るだけで全部わかってしまうのではないかという完成度です。

(中編はこちら)

セスキ・重曹・オキシウォッシュで家まるごとピカピカ! 【綴じ込み付録:オキシウォッシュ・セスキ炭酸ソーダ・重曹(各30グラム)】 (TJMOOK)

 

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事