上達

おはようございます。

アールズスタッフのRです。

またまた昔の話を。。。

私の幼い頃は、魚屋さんが魚を木箱に入れて自転車で家の近所まで売りに来ていました。

私は魚屋のおばちゃんが大好き。

自転車が来ると、ご近所の人たちが群がって

「あれ、つかぁ(ちょうだい)。」

「これ、つかぁ(坂出は『いたぁ』)。」

と言いながら各自購入していました。

私も母親が出ていくと呼ばれてもいないのに慌てて出て行っていました。

好きなのは、魚をおろす包丁の技術を見る事でした。

匂いも好きです。

魚の匂い。臭いと思ったことはありません。

身を見事におろす音、時々、包丁が魚の骨に連続で当たって響く音、

おばちゃんのお得意の位置から振られる柔らかそうな塩の音、

ビニール袋に入れてくれて、それを包む新聞紙の独特な匂い、全部好きでした。

そんな時代を経て、自分で包丁を持つ様になった時、

私は早く魚を三枚におろしたくてたまりませんでした。

初めは、骨に身が残ったりもしましたが段々上手く出来る様になり嬉しくなりました。

今でも、魚は一匹丸ごと買うのが好きです。

なぜ好きなのかなんて、理由はわかりませんが、

好きな事だったので上達しました。

皆さんは自然に上達したもの、何ですか?

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事