「学問とは何か-本を読むことだけが学問ではない」『(齋藤孝現代語訳)学問のすすめ』を図解入りで分かりやすく【第2編 人間の権利とは何か その1】

『論語読みの論語知らず』

『文字の問屋』

『飯を食う字引』

フク先生
文字を読むことを知っているだけで、物事の道理をきちんと知らないものは学者とは言えない。

 

(例①) 『古事記』は暗唱しているが、いまの米の値段を知らないもの・・・実生活の学問に弱い人

 

(例②) 『論語』『孟子』や中国の史書については詳しく知っているが、商売のやり方を知らず、きちんと取引ができないもの・・・現実の経済に弱い人

 

(例③) 高学歴なのに独立した生活ができないもの・・・いまの世の中に必要な学問に弱い人

フク先生
こうした人物は、国のためには無用の長物であって、経済を妨げるタダ飯食いだな。

  

〈学問とは何か―その1〉

 

学ぶ目的
知識、教養の領域を広くしていって、物事の道理をきちんとつかみ人としての使命を知ること

 

知識、教養を深めるために
①人の話を聞く。  ②創意工夫する。  ③書物を読む。
精神分野
①修身学  ②宗教学  ③哲学
物質分野
①天文  ②地理  ③物理  ④科学

 

〈学問とは何か-その2〉

一、実生活は学問である

一、実際の経済も学問である

一、現実の世の中の流れを察知するのも学問である

フク先生
学問は、和漢洋の本を読んで終わりではない!

その他の投稿

 
 
現代語訳 学問のすすめ (ちくま新書)


 
 

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事