「時期を待つ必要がある」 『論語と算盤』を図解入りで分かりやすく【第1章 処世と信条 その4】

〈世の中を渡っていくうえで必要不可欠なこと〉

栄一カエル
若いうちに絶対に争いを避けることをよしとしてはいかんな。
不可欠その1『あえて争いを避けない』
信じることを踏みつけにしようとする者には、何があってもこれを争わなければならない。

栄一カエル
いやしくも人として生まれ、特に青年時代において絶対に争いを避けようとするような卑屈の根性しかないと到底進歩したり成長したりする見込みはない。
不可欠その2『チャンスが来るのを気長に待つ』

栄一カエル
気長にチャンスが来るのを待つ忍耐も必要だ。
物事には因果関係というものがある。因果関係の上で成り立っている出来事に横入りしてもダメなのだ。

『論語と算盤』全記事の一覧はこちらからどうぞ

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事