「自ら箸をとれ」 『論語と算盤』を図解入りで分かりやすく  【第2章 立志と学問 その2】

青年1
俺が活躍する職場がない。

青年2
でっかい仕事がしたいのに頼れる先輩がいない

青年3
やる気はあるのに環境がいない

青年4
早く仕事を覚えたいのに応援してくれる人がいない

 

みんなコネや人脈、機会や環境がないと嘆いているよ

栄一カエル
なるほど、そうですね。

どんなに優秀な人でも、才能や気概、胆力や智謀を見出す先輩や、環境がないと、その手腕を発揮するきっかけがなかなか掴めませんよね。

 

【図1:普通の人が出世するとき(タップで拡大)】

栄一カエル
有力な先輩を知り合いに持つとか、親類に有力な人がいるという青年はチャンスも多いでしょうね。

しかし、ここまでは普通の人のお話です。

栄一カエル
ここからは優良人物の場合です。

  

【図2:優良人物が出世するとき(タップで拡大)】

 

栄一カエル
職場と仕事はこちら側が用意して待っている。
この用意を食べるかどうかは箸をとる人間の気持ち次第でしかない。

ごちそう(職場)のこんだて(仕事内容)を前にして、どうするかってことかな。

栄一カエル
そうそう、先輩も上司も世間も暇じゃないからね。
あの秀吉も最初は賤しい身分のつまらない仕事から頭角を現していったんだよ。

でも、すんごい優秀な学校でトップだったら、最初からつまらない仕事はしたくないんじゃないの?

栄一カエル
先輩が新米に一見不利益にも思える仕事を振るのには訳があるんだよ。決してその人を馬鹿にしているわけじゃない。

どんな訳があるの?

栄一カエル
その理由はしばらくその先輩の胸残用に任せておけばいいんだよ。

はぐらかされた???

栄一カエル
どんな小さな仕事でも大きな会社、大きな事業の歯車の大事な一部なんだよ。
細部がきっちりできていないと全体にけじめがつかなくなる。
若いうちに些細なことを「なんだこれぐらい」という癖がつくとよくないね。
扱うお金の金額が大きくなるにつれて、大きなしくじりを生じさせやすくなるというものだ。

水戸光圀
 小さなことは分別せよ。大きなことには驚くな。

黄門様、また出たよ!

栄一カエル
受付や帳簿といった与えられた仕事を、その時の全生命をかけてまじめにやれない者は、
いわゆる手柄を立てて立身出世の運を開くことはできない。

 

『論語と算盤』全記事の一覧はこちらからどうぞ

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事