辰學舎 誕生秘話

私どもの教室名は

辰學舎・アールズ国語そろばん教室

です。

 

え?「アールズ国語そろばん教室」じゃないの?

という疑問はごもっともです。

 

私は、先日の記事でご紹介した通り、「そろばんの先生」よりも「塾の先生」としてのキャリアの方が長いのですが、

 

アールズ国語そろばん教室

 

で仕事をするようになって、

アールズ=そろばん教室

というイメージがあまりにも強いことに悩まされてきました。

 

私としては、そろばんを指導することも、五教科(国数社英理)を指導することも変わりはないのですが、

 

そろばんの先生

 

という、この身についたイメージがあまりにも強いらしく、

 

それをどうするかでずっと悩んでいました。

 

ということで、「五教科指導をする教室の名前」をつけることにしたのです。

 

アールズ国語そろばん教室

 

のままでは、名前の通り「読み書きそろばん」を教える教室です。

 

ならばということで名前を考えました。

 

 

まず「辰」という字が縁起がよいので採用することにしました。

 

そこから候補をいくつか書きます。

 

つぎに、どこにもない名前にするために、ネット検索をかけまくり、同じ名前は除外して「辰學舎」という名前にたどりつきました。

 

 

「しんがくしゃ」と読みます。

 

「學」が旧字体なのは意味があります。

 

かんむりのところに「メ」が二つならんでいますが、これは音を意味します。

 

また「メ」の形を見ると、何かが交わるイメージが浮かびます。

 

生徒と先生が、たくさんの会話を交わしながら、共に学ぶイメージです。

 

そういう味わいを残すため、「學」は敢えて旧字体にしました。

 

というわけで、私の教室では、普通に国語算数を学習している生徒がいますし、

中学生も普通に勉強しにきています。

一人ひとりの性格や能力に合わせた指導を、一生懸命にさせていただいております。

 

そんな辰學舎では、どんな指導をしているのかについては、またの機会にご説明したいと思います。

教室の詳しい内容はこちらです
さくらぷりんと
スポンサーリンク
おすすめの記事